« 括弧5 正規表現(3) | Main | 括弧7 正規表現(5) »

2013.10.10

括弧6 正規表現(4)

<全角から半角へ 空白の処理の場合分け>

前回までで括弧自体はすべて半角になりました。そこで今度は括弧周辺にある空白の処理に移りますが、空白の場合分けをし、それぞれ本来どうあるべきか、違っていればどのように修正するかを、一つずつ書き出すことから始めます。

(1) 半角括弧開の前には、半角空白が1つある。
こうなっていない場合は修正するのですが、いくつもの場合があります。
・半角空白が全くなければ、1つ付加する。
・2つ以上の半角空白があれば、1つを残して削除する。
・1つ以上の全角空白あれば、すべて削除する。

(2) 半角括弧閉の後には、普通は半角空白が1つある。
・半角空白が全くなければ、1つ付加する。
・2つ以上の半角空白があれば、1つを残して削除する。
・1つ以上の全角空白あれば、すべて削除する。
・ただし英文字のカンマ、ピリオドが続くときは、そのままとする。

(3) 半角括弧開の後には、全角空白も半角空白も存在しない。
・全角空白または半角空白があれば、削除する。

(4) 半角括弧閉の前には、全角空白も半角空白も存在しない。
・全角空白または半角空白があれば、削除する。

以上、各場合の表記の原則と修正法を書き出しました。ではそれ実現するためには、どのような検索を行い、どのように置換するのか。次からそれを検討していきます。

|

« 括弧5 正規表現(3) | Main | 括弧7 正規表現(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/58357961

Listed below are links to weblogs that reference 括弧6 正規表現(4) :

« 括弧5 正規表現(3) | Main | 括弧7 正規表現(5) »