« 語順の入れ替え | Main | 敬語表現 »

2013.11.30

形式ではなく内容を移す

ある人の訳を見ていると原文の括弧を忠実に訳文に反映させている。形式としては原文に忠実であるが、訳されたものは煩瑣にすぎて書かれている内容が頭に入りにくい。

このようなときには括弧を外して本文に取り入れた方がすっきりとする。何を翻訳するかといえば、書き手の表現したい内容であって、その表現形式ではない。

そもそも使っている文字からして原文と訳文とでは違うのであるから、文章構造や括弧や特殊記号をそのまま移植する必要はない。

何を移すのかに思いが至れば、原文の制約から自由になり、訳文の世界で最適の表現を見つけやすくなる。斎藤秀三郎の言うように訳文は新しい表現の創造なのである。

|

« 語順の入れ替え | Main | 敬語表現 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/58669822

Listed below are links to weblogs that reference 形式ではなく内容を移す:

« 語順の入れ替え | Main | 敬語表現 »