« 検索置換による翻訳 | Main | 統一 /と%(秀丸) »

2014.02.18

文字固定 特殊文字利用

学名、製品名、固有名詞など、原文にある特定の文字をそのまま訳文に反映させたいことがある。それを個別にタイプしていたのでは時間がかかるし、間違いも生ずる。

そのような文字を、一度指定すればあとは自動的に訳文に反映させるようにしたい(何度も出てくるのなら辞書に取り込んでおくということも可能である)。

指定するときには(1)指定した文字列を忠実に訳文に反映させながら(2)そのほかの処理の影響を受けないようにする必要がある(重複処理の防止)。指定した文字について重複処理を防ぐのは「文字の固定」と表現することも可能であろう。

それを実現するには、ワードなら書式を掛ければよい。しかし秀丸では書式指定ができないので別の考え方を工夫する必要がある。

別に掲げた「区切りの防止」では、単語の間にある空白を●で埋めてしまうという考えを示した。それ以外に「指定した範囲の前後を普通使わない記号で括る」というのも一つの考え方である。ここでは括るのに【 】(隅付き括弧)を使用することにし、それを実現するため、以下の簡単なマクロを用意した。

setcompatiblemode 0x0F;
disabledraw;
getsearch;
replaceall searchbuffer, "【\\0】" , regular, casesense, inselect, nohilight;
endmacro;

では固定されたものを訳文に反映させる、または他の処理の対象から外すにはどうするか。それは次の工夫になる。

|

« 検索置換による翻訳 | Main | 統一 /と%(秀丸) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/59156848

Listed below are links to weblogs that reference 文字固定 特殊文字利用:

« 検索置換による翻訳 | Main | 統一 /と%(秀丸) »