« 秀丸間の移動 | Main | 文字固定 特殊文字利用 »

2014.02.17

検索置換による翻訳

定訳がある単語の翻訳には検索と置換を使う。その基本となる考え方は次のようなもの。

検索:card
置換:カード
というように検索側に原語、置換側に訳語を入れるだけである。

単数だけではなくsのついた複数も翻訳したいというときには、「s」と「*」とを加える。「s」は複数のs、「*」は直前の文字の0回以上の繰り返しを意味する。これで「card」と「cards」というように、sがあってもなくても検索ができ、どちらも「カード」になる。

検索:cards*
置換:カード

フレーズの最後などにカンマが付くときもあるのならさらに「,*」を加える。
検索:cards*,*
置換:カード

これで「card」、「cards」、「card,」、「cards,」がヒットし、すべて「カード」になる。

以上が基本的な考え方であるが(1)末尾のカンマを読点に変えるかは状況により変わる。ここでは単純化のため無視するという前提にしてある。(2)また単語の前後に空白があるかも考えなければいけないが、やはり単純化のため無視している。(3)さらに機械的な検索置換は危険であるので十分な注意が必要である。

|

« 秀丸間の移動 | Main | 文字固定 特殊文字利用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/59152019

Listed below are links to weblogs that reference 検索置換による翻訳:

« 秀丸間の移動 | Main | 文字固定 特殊文字利用 »