« 切ってつなぐ | Main | 同じ文字列の扱いを変える »

2016.05.11

語釈を作る

辞書作りはそれぞれの言葉の意味を考えその語釈を作ることから始まる。編纂に携わる人は、知恵を絞ってさまざまな表現を試みている。それは新明解国語辞典の語釈などに見て取れる。

そのような姿勢は翻訳をするときにも当てはまる。辞書に載っている訳語ではぴたりとしないときには、自分で原文の言葉の意味を考え適切な表現を見つける必要がある。辞書にある表現のみが正解ではない。それにたくさんの辞書があり夫々表現が違うことも多い。自分が辞書作りの編纂者になったつもりで語釈を考える。

大切なのは自分で考えること。色々な辞書を集めてそれを探すのも一つの方法かもしれないが、それだけでは他人の考えを借用しているのと同じである。辞書にありませんでしたというのは、インターネットを検索して「ありませんでした」という学生と本質は同じこと。

特に研究や生産の最先端の言葉などは、それに携わる人々が必要に迫られて作っていることが多い。自分が異国のその研究室や生産現場で一緒に働いていると想像して訳語を考える。

重複翻訳(ある言語で書かれたものが既に別の言語に翻訳されており、それをさらに違う言語に翻訳するもの)でも辞書に載っている訳語ではうまくいかないことが多い。言語が違うと基本的な意味が同じ単語でも、その周辺に含まれるものが違ってくる。重複訳でそれが繰り返され思わぬずれになるのである。最初に書かれた言語の文書が見つかればいいが、そうでない場合も多い。やはり自分でどのような意味なのかを考えることが重要になる。

「探してありませんでした」では仕事は完了していない。なければ考えるまでである(探すは頼る)。


|

« 切ってつなぐ | Main | 同じ文字列の扱いを変える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/63614093

Listed below are links to weblogs that reference 語釈を作る:

« 切ってつなぐ | Main | 同じ文字列の扱いを変える »