« 「てにをは」と文章の肥痩 | Main | 用語集の適用除外 »

2017.03.15

括ってから広げる

本を読んでいて議論が込み入ってくると、内容が頭に入りにくくなる。そこで何を言いたいのか理解するため大きな概念で一度括ってみる。例えば方向性を捉えてみるのも一種の括りである。これは上を向いているのか下降しているのかと。

それがわかると先に進みやすくなる。また括りという作業をしていると、同じ概念に属す表現にも様々なものがあることにも気が付く。

読んで理解するだけであればそれで良いが、これを別の言語に移すときには、もう一つ工夫がいる。大きな概念で括るのは良いが、このままにしていると表現が単調になる。そこで今度は表現を広げるのである。

そのときは移し替える先の言語で、どれだけ語彙を持っているかが大切になる。普通は自分の母国語に直すのであるが、そのときは子供のときからどれだけ読書をして自らの詞藻を豊かにしてきたかが問われる。

原文の多様な表現をそのまま訳せば、訳文が痩せることはないのではないかと考えるかもしれない。まあ外国の表現が取り込まれ、その国の言葉が豊かになることもある。ただ舶来のものが馴染むには時間がかかる。

それにどの言語にも特有な表現がある。それを単語の置き換えに終始して翻訳すると、違和感のある文やおかしな文章になってしまう。

日本語であれば、万葉や祝詞の和語からはじまり、長い年月をかけて自国のものになった漢語という資産もある。お母さんが子供に話す優しい響きもある。それを活かさない手はない。

括っただけでは骨組みばかりの文章になるし、逐語訳では妙な文章になる。広がっているものを一度括って、それからもう一度自分の言葉で広げることで訳した文章が生きたものになる。

|

« 「てにをは」と文章の肥痩 | Main | 用語集の適用除外 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/65017087

Listed below are links to weblogs that reference 括ってから広げる:

« 「てにをは」と文章の肥痩 | Main | 用語集の適用除外 »