« 省くこと補うこと | Main | 失せものの行方 »

2017.12.11

普段の言葉

急ぎでテレビ番組の台本を訳して欲しいという。サイエンス・フィクション的なものの最初のエピソード。いつもとは毛色が違う。台本を書いているのは若い女性ライター。使われている言葉遣いから、彼女の普段接している映画や小説のこともある程度推測がつく。

この時期に日系の人物を主役に登場させるのには、ノーベル賞を受賞したカズオ・イシグロの影響があるのかもしれないなどと想像する。

ただそのような話題性だけにとどまらず、日本人なり日本の文化が、概括的なアジアという区分ではなくそれとして明確に認知されたうえで登場する機会が最近は多くなったような気もする。何人も出てくる日本人の名前も突拍子もないものではなくなった。

このような仕事をするときには、どこまで砕いた表現を使うかよく考える必要がある。あまり若者言葉になってもいけないし、かといって大仰と感ぜられる物言いになっては元も子もない。固い言葉は避け平易な普段の言葉で今風の感覚も適度に取り入れる。その塩梅が難しい。

各言語に特有の言い方があるので、そのまま訳すとおかしなことになる。普段システムに載せている自分用の辞書はいずれも専門分野のものなので、それもここでは使えない。ちょうどいい、日常会話用の辞書を拡充することにする。ありきたりの表現もたくさん用意して置けば、状況にぴたりとはまることがある。

これをしていると、普段の仕事とは違い頭の中の創造的な部位を刺激されている気がする。それが面白さかもしれない。もう少し。


|

« 省くこと補うこと | Main | 失せものの行方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20048/66147966

Listed below are links to weblogs that reference 普段の言葉:

« 省くこと補うこと | Main | 失せものの行方 »